遺産相続の順位必要な書類自分たちで出来る?相続放棄の手続

相続放棄の手続方法


遺産相続が始まり、自分も相続人の一人になったとします。
だからと言って、必ずしも遺産を相続する必要はないんです。
そこで、相続放棄という方法があるので、ご説明したいと思います。

はじめに、相続破棄とはどういったことなのかというと、法定相続人になった時に、被相続人が残した財産の中にプラス財産が多くても、マイナス財産があったとしても
どちらの状況になっても負担をしなくてはいけないことになっています。
そこで、相続破棄をすることで、初めから相続人ではないという扱いになります。

プラスの財産が多ければ、相続することに不満はないと思います。
しかし、被相続人が残した借金やローンなどのマイナス財産が多い場合も考えられ、どっちが多い財産なのかハッキリした検討はつけられません。
そこで、相続争いなどにも巻き込まれたくない方や、負担を軽くするという考えから、プラス財産もマイナス財産も関係なしに初めから相続を放棄するという権利が認められています。

相続破棄をするに当たって、各相続人が自分が相続人の立場に立つことになった事を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所へ相続放棄申述書を提出する必要があります。
この期間内に申述しないと、単純承認したと見られますので注意して下さい。
どうしても、都合によって3ヶ月以内に相続破棄をするか、しないかを決めることができなかった場合は、家庭裁判所に「相続放棄のための申述期間延長」を申請することができます。
延長期間は約3ヶ月延ばしてもらえる可能性もあります。

相続放棄をするためには、手続きに必要となる書類をいくつか揃えなくてはなりません。
家庭裁判所へ提出書類となっているので、前もって確認して分からない場合は家庭裁判所などに直接聞いてみても良いと思います。
そこで、必要となる書類は、相続放棄申述書・相続人の戸籍謄本・被相続人の戸籍謄本・被相続人の住民票などの書類の他に収入印紙や返信用切手、相続人の認印なども必要となります。

このように相続放棄するということでも、自分は遺産相続はいらないからと言葉だけで済す問題ではないんですね。
本当にしっかり手続きをして、本人と被相続人の確認をするこがとても重要なことになるんですね。