遺産相続の順位必要な書類自分たちで出来る?相続放棄の手続

不動産などの分配はどうする?


遺産相続によって、誰がどれくらい貰えるものなのでしょうか?
この配分についてはパターンがあり、優先順位もあるんです。
もらえる財産について詳しくまとめてみましたので、是非参考にしてみて下さい。

はじめに遺言書が残っていた場合の話をしたいと思います。
被相続者となった方が遺言書を残されていた場合、全て遺言書に書かれている内容の通りに話が進んで行きます。
本人の意志がわかる遺言書なら、一番優先とされる配分方法になります。

次に、遺言書ない場合は遺産分割協議という相続人全員によって話し合いをするといった方法です。
この方法には時間も掛かり、お金の絡む事なので身内の人であっても目の色変えてくるという事もあり、色々なことでトラブルになるといったケースも多いようです。

最後に法定相続という方法があります。
これは相続の方法が法律で決められているので、その通りにする事ですね。
では、配分はどのようにするのでしょうか?

相続財産の確定についてお話します。
財産の種類となるものは、土地・家・有価証券・現金や預金・家庭用財産などがあります。
その中でも一番トラブルが多いといわれているのが、不動産に関しての配分なんです。
現金や預金などはいくらとハッキリ決めて配分する事ができますが、不動産となると、平等に分け合う事が難しく、土地の他に建物も含まれるので本当に複雑な財産配分だと思います。

そこで、不動産の分割方法ですが「現物分割」「換価分割」「代償分割」「共有登記」といった方法があります。
現物分割は、そのままの形で分割するといった方法になります。
あの土地はだれに、この建物はだれにといった様にその状態のまま受け渡すことになります。

換価分割は遺産を売却して金銭で分割する事をいいます。

代償分割とは、不動産を相続することになる人が相続分と同じ金銭を不動産を相続していない人へ支払うといった方法です。
これは混乱を起こしやすい方法なので、確認してみて下さい。

そして共有陶器ですが、相続人同士で共有名義として財産を持っておくといった方法になります。

不動産関係のものを分割するにあたって、メリットもあればデメリットもあります。
相続財産の把握をしておくことや相続人の状況などを確認しておくと、相続人同士の意見がまとまった状態で分割することができると思います。
しっかり内容を理解して、トラブルに巻き込まれない様に不動産分割をしてみて下さい。