遺産相続の順位必要な書類自分たちで出来る?相続放棄の手続

遺産相続に必要な書類とは


亡くなった方の遺産相続を行うことになった場合、必ず必要となる書類がいくつかあります。
どんな書類が必要なのか?と聞かれても、完璧に答えられるという方はなかなかいらっしゃらないと思います。
では、最初にしておかなければいけない「必要な書類の回収」について説明したいと思います。
色々な手続きをすることになると思いますが、その手続きをすることになっても、必要となる書類は大体同じものなんです。
では、そんな書類が必要となるのか確認してみましょう。

亡くなった方の書類としては、住民票や被相続人の出生から死亡までの戸籍が必要となります。
この書類から相続人を確認することもでき、被相続者との関係や生存しているのか、亡くなっているのかもはっきりわかります。
次に、財産を引き継ぐ人に関する書類は、相続人となる人の現在の戸籍謄本、本籍地の記載がある住民票(本籍地記載と請求する)、印鑑証明書が必要となり、
全て相続人の住所がある市区町村役場で申請して受け取ることができます。

財産に関する書類では、不動産の登記記事頃証明書や不動産の評価証明書、各金融機関の手続きに必要となる書類一式となります。
不動産関係、金融関係と手続きの方法は様々です。
前もって手続きに必要となる書類を揃えておいた方が良さそうですね。

この他にも手続きしなくてはいけない事はたくさんあると思います。
その都度、必要となってくる書類も異なってくると思いますが、紹介した書類はほぼ全部の手続きに必要となる書類になっているので、揃えておいて下さい。

最近の役所では、申請することに対しての対応がとてもわかりやすく、丁寧に説明してくれます。
はじめてこの様な書類を役所にお願いしたいと思っても、どうしたらいいのか、何をすればいいのか分からないといった方も多いと思います。
簡単に短時間で受け取れる書類もあるので、分からない事があった時は、役所の方に質問してみて下さい。
どんな質問をしてもしっかり対応してくれるので、安心して依頼することができますよ!