遺産相続の順位必要な書類自分たちで出来る?相続放棄の手続

遺産相続に関す遺言は必要?


大切な人を亡くしてしまう悲しさ、辛さ、そして抑えきれない感情。
これは人間である以上、死とは向き合わなくてはいけないものなんです。
昨日まで息をしていた人なのに、今では全く動くこともない。
こんな状態ウソであって欲しい…でも全て現実となって受け止めなくてはならないことなんです。
そこで、被相続人が残した遺言、そして遺産相続のことについてお話したいと思います。

遺産相続を進めていく中で一番多くあることが、家族や親族とのトラブルなんです。
遺産が残っていなくて、家族内でも遺産争いという事が起きてしまうこともあるそうです。
お金の絡んだことの話合いになるので、いくら血が繋がっている家族であったとしても、目の色変えて突進してくるでしょう。
そうなってしまうと、止める事も難しくなり、諦めたとしてもまた遺産争いが起こってしまいそうです。

では、この様なトラブルを少なくするためには、どうしたらいいのでしょうか?
それは、遺言を書面として生前の時に残しておくということですね。
高齢になって判断能力が少なくなってからの遺言では、相続人同士での有効向こうの争いが起こる可能性もあります。
このような問題が起きないためにも、遺言は意識がはっきりしている元気な時に作成しておくと良いですね。

そうすることで、誰にこの現金を渡す、この土地は誰に渡すなど、細かく書かれている場合は、遺言に沿って話が進められるので、
大きなトラブルもなくスムーズ話し合いもできそうです。
その他にも、葬儀はこうして欲しいとか、これくらいの費用で行ってもらいたいなどの希望も書いてあると、相続人全ての人に納得してもらう事もでき、
葬儀の進行も亡くなった方の希望通りに行うこともできますね。
この様に遺産相続をする時に、遺言はあって欲しいものです。

そこで、最も大切にしなくてはいけない事が「保管」となります。
せっかく残してくれたものなのに、発見されなかったというパターンでは困りますよね。
なので、一般的には配偶者や相続人が管理しているといったケースが多いようです。
その他にも、友人や弁護士などに預けておくといったパターンも最近では増えてきているみたいです。
なるべく、死後見つけ出せる場所への保管をおすすめします。