遺産相続の順位必要な書類自分たちで出来る?相続放棄の手続

相続税の申告の方法


相続税とは、亡くなった人から受け継いだ財産に対して相続人が支払わなくてはならない税金のことを言います。
また、相続税には基礎控除があり、全てに相続税が掛かるという訳ではなく、相続財産が一定の金額以下の場合には、相続税を支払わなくてもいいようになっています。
では、ここで相続税の申告の方法について説明したいと思います。

相続税は、相続と決まってから10ヶ月以内に申告をしなくてはいけません。
申告をしなかった、忘れてしまったなどの場合には、追微課税がありプラスして税金を支払わなくていけない状態になってしまうのでご注意ください。

相続税の金額というものは、遺産分割が確定しないと決定しません。
財産評価が難しく、複雑になってしまった場合、10ヶ月以内では相続税を申告できないといったケースもあるそうです。
そのような時は、まだ途中であるということを伝えた上で、期間内に仮申告を税務署にします。
しっかり遺産分割も終ってくれれば問題はないのですが、10ヶ月以内にまとまらないという方は、今後も内容がゴチャゴチャになってまとまらないままになってしまう
パターンもあるそうですよ。

次に、申告手続きの方法ですが、税務署所定の申告用紙に必要内容を記入して、必要となる書類を集めて添付し提出となります。
必要書類は、相続税の申告書・被相続人も略歴書・遺産分割協議書(遺言書)の写し・相続人全員の印鑑証明・生命保険均などの支払い通知書の写し・戸籍謄本・
評価計算書・預金などの残高証明書が必要となります。
どれもすぐに集めることができるといった書類ではないので、なるべく書類の内容を把握して、申告された方がいいと思います。
また、全てを提出するといったことはほとんどなく、必要な書類のみといった場合もあります。

申告をする場所は、亡くなった方の最後の住所から一番近くにある税務署となりますので、相続人の方は前もって確認しておいた方が良さそうですね。