遺産相続の順位必要な書類自分たちで出来る?相続放棄の手続

不動産にかかる相続税が払えなかったらどうする?


遺産を相続した立場になっても、その財産には相続税というものが掛かってきます。
現金や預金などの財産を相続した場合には、そのまま現金で相続税を支払うことができます。
しかし、土地や建物といった不動産関係を相続した場合は、全て売却したとしても、相続税の方が高額になってしまい相続税を支払うことができないといったパターンも
多くあるようです。
そこで、相続税が払えない状態になってしまったらどうすればいいのでしょうか?

基本的に相続税というものは一括現金で納めるものとなっています。
しかし、不動産関係のように現金に換えることも難しいといったパターンや、支払う現金がない売却しても相続税の方が高額になってしまったという様々なケースもあります。
そこで、相続した不動産関係の財産をそのまま相続税として納付することができる制度があるんです。
「物納制度」という方法になります。

ここで伝えておかなくてはいけない事が、相続税というものは、相続税の基礎控除を超えた場合のみ納税となっています。
財産が6000万円以上とならない限り、課税されることはないということは覚えておいてください。

では、物納制度について少し詳しく説明します。
物納が認められるには、いくつかの条件があります。
相続した財産が物納できる財産であること。
そして期限内に物納申請書を提出することになっています。

物納できる財産は次の通りです。
第1順位は国債・不動産・船舶。
第2順位は株式などの有価証券。
第3順位は動産となっています。
このように物納順位というものも決まっていますので、物納できる財産が多数ある場合には、優先順位を考えて物納して下さい。

自分だけでは解決する事が難しく、不安や心配などある方は、役所などへ相談をして内容の確認をしてからの方がいいと思います。
どうしていいものかと悩み込まずに、スムーズに話を進めていきましょう。