遺産相続の順位必要な書類自分たちで出来る?相続放棄の手続

遺書と遺言書の違い


遺言書を作成しようと考えていらっしゃる方もいると思います。
ですが、ここで一つ気になる事があるんです。
「遺言書と遺書に違いがあるのか?」といったことです。
私もそうでしたが、遺言書と遺書を同じものだと思っていました。
しかし、それは大きな間違いでした。

遺言書というものは、法的で決められた書き方をして、自筆で作成した書面になります。
遺言書は財産相続に必要となる重要なものになります。
遺言書の内容に「誰にいくらの現金を渡す」「この土地を誰に渡す」など細かく書かれていた場合、遺言書の内容に沿って、相続人の話し合いも進んで行きます。
そこで、中途半端と見られる遺言書となるものがあったとしても、手続きを進めることができません。
まして、お金が絡んだ話し合いにもなるので、遺言書が無効と分かった場合、相続人同士でのトラブルが多く起きる可能性が見られますので注意して下さい。

遺書は、法律的な書き方の決まりというものはありません。
形式も内容も自由に書いていいんです。
亡くなる前に自分の気持ちや家族や友人に対して残しておきたい言葉などを文書にしておくといったもののことを言います。
例として考えられるのは、自殺をするといった人が書くものとして、遺書は多いのではないでしょうか。

この様に、遺言書と遺書の違いはハッキリとあることがわかります。
全くちがうものと考えていいと思います。
分かりやすく言えば、遺言書はWillであって意志や願望、決意と同じ言葉です。
遺書はletterとやnoteといった軽いイメージな感じになりますね。

遺言書は、死を前提にして書くものではありません。
家族や親族のために残す財産に関して、しっかり内容を残しておきたいということに使われます。
ですが、遺書という形では、遺産相続をする手続きとして使う事はできず、最後に自分の気持ちやメッセージを伝えたいということで書かれることが多いと思います。
遺言書の重要性そして、遺書に対しての気持ちの伝え方など理解して頂きたいと思います。